ito2

はり灸(鍼灸)の適応症   このような症状の方は、ご相談ください

 はり灸治療は、肩こり、腰痛、神経痛、関節炎などには効果があるけれど、そのほかの疾患や病気には、あまりむいていないように思われがちです。
 しかし、お隣の中国や韓国ばかりでなく、近年はヨーロッパやアメリカでもはり灸療法が正規の医療として、政府によって認められ、広く普及し始めています。
 ちなみに、NIH(米国 国立衛生研究所)は、はり灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、および西洋医学に代わる医療効果の有効性を発表しています。
 

WHO(世界保健機関・国連)ではり灸療法の有効性が認められている病気は、以下のものです。

はり灸治療の適応症

【神経系疾患】
 ・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい
 ・不眠症・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
 ・関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛
 ・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
 ・心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
 ・気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
 ・胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)
 ・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
 ・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
 ・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
 ・更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊症
【耳鼻咽喉科系疾患】
 ・中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
 ・眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
 ・小児神経症(夜泣き、かんのむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息
 ・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善