トルコの西方、エーゲ海地方の小高い丘の上に、
今からおよそ二千年前に造られた、ギリシア・ローマ時代の医療機関の遺跡がのこっています。

アスクレピオンというその施設は、
ギリシア神話に出てくる、医術の神アスクレピオスの名前にちなんだものです。

ここでちょっと珍しいものは、治療室に通じるトンネルです。
患者さんは治療室に、長いトンネルを通っていきます。
そのトンネルには天井に穴があり、
上から「あなたは治る!あなたは治る!」という、言葉がかけられたそうです。

患者さんは、励まされ、勇気づけられながら治療を受けていく。
こんな心理療法が、二千年以上も前から行われていたのですね。

アスクレピオン

ところで、神アスクレピオスが持っている蛇の巻き付いた杖は、
医術の象徴として、世界保険機関WHOのマークをはじめ、
フランス、イタリア、そしてなんと日本の救急車のボディーマークにも
使われています。
一度本物を探してみてください。