昨日、あの渋谷の代名詞的な忠犬「ハチ」がついに、大好きな上野博士と
やっと再開できました。

東京大学農学部(東京都文京区)の正門近くの敷地内にハチと上野博士の
対面のブロンズ像が、完成し、その除幕式が行われました。

ハチ

ちょうどハチの没後80年になるそうです。この長い間をどれほど待ち焦がれた
ことでしょう。よかったね、ハチ!!

この象は東京大学の教員や関係者らが寄付を呼びかけて作られたもので、
ハチが渋谷駅に、上野先生を迎えに行って、出迎えている場面を再現した
ものです。

NHKの動画には、このブロンズ像のアップが写っていますが、そこからも
ハチの上野先生を迎える喜び、そして上野先生のハチに対する優しい愛情
深いまなざし、そんな様子が受けとれるのは私だけでしょうか。

これからもずっと、人と動物との愛情物語が後世に伝わっていくことでしょう。
ハチ