慢性疲労症候群 
  3割 寝たきりの重症   国 患者を初調査

患者の三割が寝たきりの重症―。強い倦怠感や睡眠障害が続く「慢性疲労症候群」(CFS)の実態が、国による初調査で明らかになった。
治療にかかる経済的負担も重く、患者からは支援の必要性を訴える声が出ている。(中本広之)

家事もできないほどの筋力低下に記憶障害。少しの外出で寝込んでしまう疲労感。東京都新宿区の佐藤まゆ子さん(41)が異変を感じたのは、2007年春のことだった。就職支援会社で毎日深夜まで働いていた。運動好きで、ホノルルマラソンを二回完走した経験も。だが、はしかにかかってから耐え難いだるさを恒常的に感じるように。月に一回は欠勤する生活が続き、休職を経て10年に退職した。この間、人間ドックや心療内科を受診しても異常はないと言われ続けた。ようやくCFSとの診断を受けたのは11年4月。医師には「はしかが発症のきっかけでは」と言われた。
ひどい時は半日程度起き上がれない状態で、電動車いすがないと外出できない。昨年三月に障害者手帳を取得。同居する母親の年金と、自身の障害年金の計約二十万円が毎月の収入源で「貯金を切り崩しながら何とか生活しています」。

慢性疲労症候群(CFS)患者の日常
  ~5月12日慢性疲労症候群世界啓発デー~

研究者によると、国内のCFS患者は24万~38万人と推計されるが詳しい発症要因は不明で、確立した治療法も見つかっていないという。
厚生労働省は昨年度、患者251人(平均42歳)を対象に調査を実施。「常に介助が必要で終日寝たきり」「しばしば介助が必要で日中の50%以上寝たきり」との回答が30%に上った。
だが患者らでつくるNPO法人理事長の篠原三恵子さん(57)は「外見からはつらさが伝わらず、怠けているだけだと誤解も受けやすい」。患者調査でも困ったこととして「症状が耐え難い」などとともに、「社会的孤立」「病気への無理解」を挙げる人が目立つ。

〔慢性疲労症候群の患者調査(厚生労働省)〕
  重症:30%  中等症:35%  軽症:31%
  困っていること=症状が耐え難い:63%  専門医がいない:49%
     社会的孤立:46%  経済的問題:45%  病気への無理解:44%

篠原さんらは、「筋痛性脳脊髄炎」など病態を表す名前に変更するよう国などに要請。理事長を務めるNPO法人も「筋痛性脳脊髄炎の会」とした。海外では米国医学研究所が今年、「SEID」(全身性労作不耐性疾患)を提案したが、異論もあり国際的な統一見解がないのが現状だ。
CFSは「患者数が18万人未満で客観的な診断基準がある」との要件を満たさないため、国の指定難病ではなく、医療費助成の対象外。厚労省は「身体障害者手帳の取得や障害年金の受給も受けられる」とするが、患者調査では、身体障害者手帳を持つ患者は14%、障害年金の受給患者は34%にとどまる。
関西福祉科学大の倉恒弘彦教授は、重症者が多い実態を重視。現在は米疾病対策センターの基準などを使って、患者の症状に基づいて診断されているが、「客観性がない」と問題視する声もあり、自身が代表を務める厚労省研究班で来春にも新たな診断基準をまとめる意向だ。
 『東京新聞』2015.12.01より

 
 慢性疲労症候群(CFS):原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気である。長期間の疲労感の他に微熱、咽頭痛、頸部あるいはリンパ節の腫張、原因不明の筋力低下、異常にまぶしさを感じる(羞明)、思考力の低下、関節障害 、睡眠障害等が現れる。詳しい発症要因は分かっておらず、明確な治療法も確立されていない。筋痛性脳脊髄炎(ME)、 ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)とも呼ばれる。
  参考:NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会 https://mecfsj.wordpress.com/