最近のテレビや雑誌での、健康食品やサプリメントの広告・宣伝は度を越しています。
儲けるため、自分が生きていくためとはいえ、人をだましたり、ウソをついたりしてはいけないないのです。    
   

 不・健康食品にご用心  安全委が19のメッセージ指摘

 サプリメントなどの健康食品の利用が広がり、健康被害も起きているのを受け、食品安全委員会の作業部会が、健康食品の安全性に関し消費者に知っておいてほしいことを19の項目にまとめ、国民向けのメッセージとして発表した。

 メッセージはまず、食品であって安全とは限らないと強調した上で、現代の日本で通常の食事をしていれば、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足することはまれだと指摘。
 通常の食品なら食べる量に限りがあるのに対し、粉末にしたり成分を濃縮したりしたサプリでは容易に多量に取ることができるため、過剰摂取による健康被害のリスクがあると注意を促した。

 また、医薬品と違って健康食品の品質管理は製造者任せなので、表示通りの成分が入っていないとか、不純物が含まれているなど問題のあるケースもあることを示し、ダイエットや筋力増強などの効果をうたった食品は安全面で特に注意が必要だとした。

 摂取するかどうか決めるには、口コミや体験談などをうのみにせず、食品安全委や厚生労働省のインターネットサイトなどで信頼できる情報を入手し「今の自分にとって本当に安全なのか、役立つのかを考えて」と勧めている。

 摂取する際は、製品名や企業名、摂取日、摂取量、体調などを記録し、体調が悪くなったら直ちに取るのをやめるよう求めた。
 健康食品に統一的な定義はないため、メヅセージは、健康の維持増進に特に役立つことをうたって販売されたり、そうした効果を期待して摂取されたりする食品を広く対象にした。

 食品安全委員会の 健康食品に関するメッセージのポイント
・「食品」であっても安全とは限らない
・多量に取ると健康を害するリスクが高まる
・ビタミンやミネラルをサプリで取ると過剰摂取の恐れあり
・医薬品と異なり、品質管理は製造者任せ
・誰かには良くても、あなたに良いとは限らない
・国の機関など信頼できる情報で安全性、必要性を判断しよう

               『東京新聞』2016.03.19 より  

ちょっと長い動画ですが、暇なときに見てください

タバコ以上に不健康で体に悪い6つの食品!
     明日から控えた方が良い食べ物