この言葉は、西洋医学の祖 ヒポクラテスの言葉です。

 いまから2500年ほど前、紀元前5世紀に、ギリシアのコス島に生まれたヒポクラテスは、人や生き物には、自分の体調不良や病気を治す自然治癒力が備わっていると説いています。

医者にばかり頼らない、薬やサプリにばかり依存しないで、自分自身のからだを元気に保ちながら生きていくことを説いているわけです。

 自然治癒力を備えておくためには、 偏らない食事と、じゅうぶんな睡眠、 適度な仕事と、余暇の楽しみ、 家族や友人と良好な関係をもつなど、基本的なことばかりです。

 もう一度自分の身の回りの生活を、見直してみませんか。

  心身の健康について不安な方、お困りの方はご相談ください。